試合区分:No.1237
開催期日:2018年9月1日
開始時間:11:00:00
開催場所: 白鷗大学大行寺校舎
主審:大庭 英裕
副審:壮司 愛

白鴎大学 74 09 -1P- 22
29 -2P- 08
14 -3P- 16
22 -4P- 22
-OT-
-OT-
68 筑波大学

白鴎大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 三木 里紗 0 0 1 0 1 0 0 0 0 1 1 1 0 0 1 21:07
5 神﨑 璃生 4 0 1 1 3 2 2 1 1 0 1 4 0 0 6 31:38
6 春日 イザベル瑠璃 DNP
7 米長 華菜 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:22
8 佐藤 京香 7 2 2 0 1 1 2 0 4 3 7 0 0 0 1 18:13
9 上田 祐季 21 3 8 6 11 0 0 2 0 6 6 4 2 0 3 26:00
10 山下 詩織 DNP
11 小鷹 実春 DNP
12 小林 沙織 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 5:45
13 小笠原 彩香 2 0 2 1 2 0 2 2 0 2 2 1 1 0 2 14:00
14 佐坂 樹 8 2 5 1 2 0 0 2 0 3 3 0 0 0 0 18:17
15 天坂 伶香 3 1 2 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 14:45
16 菊地 恵里奈 9 1 2 3 6 0 0 0 1 2 3 0 1 0 2 18:51
19 今村 優花 3 1 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5:00
20 シラソハナ ファトージャ 17 0 0 8 15 1 1 1 2 6 8 0 0 2 0 23:02
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 5 10 0 0 0 2 00:00
合計 74 10 25 20 42 4 7 9 13 29 42 10 5 2 19 200:00

筑波大学

HC:柏倉 秀徳
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 松居 祐花 DNP
5 嘉数 唯 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:27
11 木村 珠貴 3 0 0 1 4 1 4 1 2 2 4 2 0 0 3 27:31
14 伊藤 遥香 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3:18
16 高辻 真子 10 0 1 5 10 0 0 0 3 4 7 5 2 0 1 34:14
20 矢田 真悠 16 4 9 1 2 2 2 1 0 4 4 1 0 0 1 24:20
23 渡邊 悠 15 0 0 7 12 1 2 1 1 6 7 1 2 2 3 32:16
24 佐々木 芽衣 DNP
25 原田 知歩 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1:28
31 夏井 麻朱 DNP
32 佐藤 由佳 4 0 2 2 6 0 0 3 0 0 0 1 1 1 1 25:52
37 田中 みなみ DNP
43 澤田 佳奈 DNP
45 佐藤 由璃果 12 0 3 6 14 0 0 2 0 2 2 1 4 2 4 31:19
72 出原 菜月 8 2 3 1 3 0 0 2 0 1 1 0 1 0 0 17:15
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 5 10 0 0 0 1 00:00
合計 68 6 19 23 51 4 8 11 11 24 35 11 10 5 15 200:00

GAME REPORT

前回大会3位の白鷗大学と前回大会5位の筑波大学によるリーグ開幕戦。第1ピリオド、序盤から流れを掴んだ筑波大が勢いを変えぬまま攻め続け、9-22と大幅にリードを奪う。しかし第2ピリオド、白鷗大は開始早々から#9上田を中心に積極的にゴールに向かい、このピリオドで29点を奪い38-30と大逆転に成功する。白鷗大の8点リードで迎えた第3ピリオド、前半は白鷗大が得点を重ね、一気に点差を二桁とするが、後半は筑波大が意地を見せ、激しいディフェンスから早い展開で追い上げ、52-46で最終ピリオドへ。第4ピリオド、序盤から両者一歩も譲らぬ点の取り合いとなり、点差は大きく動かないまま時間が流れる。結局、第2ピリオドで大逆転に成功し勢いに乗った白鷗大が74-62で勝利し、リーグ初戦を白星で飾った。


 第1ピリオド、筑波大は開始早々に#23渡邊が連続して得点し流れに乗る。一方の白鷗大も#14佐坂、#9上田の得点により反撃するも、筑波大は#45佐藤(由璃)のジャンプシュート、#20矢田の連続3Pシュート、#16高辻のドライブにより次々と加点し、14-6。白鷗大はたまらずタイムアウトを要求し立て直しを図るも、相手の勢いを止めることは出来ず。筑波大は後半に入ってもフリースローなどでコツコツと得点を重ね、流れを譲らない。一方の白鷗大は筑波大の粘り強いディフェンスを前に攻めきることができず、得点がとまる。ピリオド終了直前に#14佐坂が3Pシュートを沈めるも、筑波大#16高辻が決め返し、9-22。筑波大の大幅リードで第1ピリオドを終える。


 第2ピリオド、序盤、第1ピリオドとは真逆の展開となる。白鷗大が#9上田、#20ソハナを軸に果敢にゴールに向かい、勢いに乗ると、開始2分半で5点差に。中盤に入っても白鷗大の勢いは変わらず、#19今村の3Pシュートや#9上田のドライブにより得点を重ねる。筑波大も#23渡邊のドライブで約3分間のも得点状態を打破すると、#32佐藤(由佳)も続き意地を見せるも、白鷗大のペースで試合が続き、開始7分、#15天坂の3Pシュートによりついに逆転に成功する。終盤も白鷗大は#16菊池、#8佐藤などが加点し、終了間際には#13小笠原がドライブを沈め、38-30。白鷗大が13点差をひっくり返し、8点のリードを得て前半を折り返す。


 第3ピリオド、前半、白鷗大は開始早々に#20ソハナが得点すると勢いづき、#14佐坂の3Pシュートや#5神﨑のドライブにより得点を重ね、最大点差を13まで広げる。一方の筑波大も#45佐藤(由璃)のドライブや#20矢田のフリースロー、#23渡邊のジャンプシュートなどで得点するも、シュートを決めきることが出来ず、苦しい時間が続く。しかし後半、筑波大は#16高辻の連続スティールにより立て続けに得点すると、その後も#45佐藤(由璃)、#23渡邊を軸に反撃を見せ、52-46と、6点差で最終ピリオドを迎える。


 第4ピリオド、開始早々、白鷗大は#9上田が先制するも、筑波大は#72出原の3Pシュート、#45佐藤(由璃)のジャンプシュートに続き、#72出原がレイアップを沈め、1点差まで追い上げる。しかし白鷗大は#9上田の3Pシュート、#20ソハナのジャンプシュートと調子を戻し、再び点差を広げる。その後、点差は大きく動かないまま両者一歩も譲らない攻防が繰り広げられる。終盤、筑波大は#72出原が3Pシュートを決めワンゴール差まで追いつくも、白鷗大#9上田が3Pシュート、ドライブと連続得点を挙げ、譲らない。終了間際に筑波大が#16高辻のアシストから#72出原が得点するも、タイムアップ。74-68で白鷗大が勝利し、初戦を白星で飾った。

日高 遼子