試合区分:No.1266
開催期日:2018年10月7日
開始時間:12:00:00
開催場所: 筑波大学筑波校舎
主審:武藤 陽子
副審:穂川 苑子

松蔭大学 48 19 -1P- 20
07 -2P- 21
17 -3P- 19
05 -4P- 18
-OT-
-OT-
78 白鴎大学

松蔭大学

HC:小林 夕紀恵
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 加藤 宇希波 DNP
5 稲葉 さつき 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:06
6 小林 優香 20 6 11 0 6 2 2 2 2 0 2 0 2 0 0 28:36
7 横山 果菜 4 0 2 2 6 0 0 2 0 0 0 3 1 0 2 26:43
8 梅林 由佳 11 3 6 1 14 0 0 1 1 4 5 1 0 0 3 33:30
9 奥 伊吹 10 0 5 4 9 2 2 3 3 5 8 1 0 0 1 35:16
10 高橋 彩 3 1 1 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1 2:26
11 稲葉 さくら 0 0 0 0 1 0 0 1 0 4 4 1 0 0 0 25:27
12 関﨑 南 DNP
13 加藤 美紅 DNP
14 熊谷 日毬 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 1 0 0 1 11:04
15 野本 陽香 0 0 3 0 0 0 0 2 3 1 4 1 0 0 2 13:27
16 大畠 澄 DNP
17 橋本 花紀 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 4:16
18 伊藤 かれん 0 0 1 0 4 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 19:09
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 4 9 0 0 0 2 00:00
合計 48 10 29 7 43 4 4 12 15 20 35 8 4 0 14 200:00

白鴎大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 三木 里紗 5 1 3 1 4 0 0 0 0 1 1 0 1 0 1 14:35
5 神﨑 璃生 8 0 0 4 6 0 0 0 0 3 3 4 0 0 0 23:56
6 春日 イザベル瑠璃 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1:16
8 佐藤 京香 9 1 4 2 4 2 2 0 1 0 1 0 0 0 0 29:25
9 上田 祐季 DNP
10 山下 詩織 2 0 0 1 1 0 0 0 1 2 3 0 0 0 0 6:59
11 小鷹 実春 0 0 2 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 3:29
12 小林 沙織 2 0 0 1 1 0 0 0 0 3 3 1 0 0 1 13:25
13 小笠原 彩香 4 0 0 2 5 0 0 3 0 2 2 1 0 0 2 19:06
14 佐坂 樹 12 0 0 5 11 2 3 1 4 4 8 0 0 0 4 22:49
15 天坂 伶香 0 0 2 0 2 0 0 0 1 1 2 0 1 0 2 12:25
16 菊地 恵里奈 2 0 4 1 3 0 0 1 0 1 1 0 0 0 2 18:43
18 軸丸 ひかる 2 0 0 1 1 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2:15
19 今村 優花 6 0 3 2 2 2 2 1 0 1 1 3 0 0 1 13:49
20 シラソハナ ファトージャ 26 0 1 13 15 0 0 1 3 9 12 0 0 2 0 17:48
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 7 13 20 0 0 0 0 00:00
合計 78 2 19 33 56 6 7 9 18 40 58 10 2 2 13 200:00

GAME REPORT


 松蔭大学と白鷗大学の第4節2戦目。第1ピリオドは白鷗大#18軸丸のシュートからスタートする。先日のリベンジに燃える松蔭大は#8梅林が華麗に3Pシュートを決める。一方の白鷗大は#14佐坂のゴール下でコンスタントに加点。両チーム共に一歩も譲ることなく19-20松蔭大の1点ビハインドで第1ピリオドを終える。第2ピリオド、出だしから松蔭大#6小林の3Pシュートが決まり逆点に成功。しかし、#20ソハナの4連続得点が白鷗大を勢い付け、一気に加速し松蔭大を引き離しにかかる。26-41で白鷗大が二桁リードのまま後半戦へ。後半も白鷗大の勢いは留まることを知らず加速を続ける。松蔭大は白鷗大のディフェンスに阻まれ失速しタイムアップ。48-78と、松蔭大は要所で#6小林が3Pシュートを決めるなど活躍を見せるも、第2ピリオドで爆発的な攻撃力を見せた白鷗大が試合を制した。


 第1ピリオド、白鷗大#18軸丸のシュートが決まると松蔭大は#9梅林が3Pシュートを決め返し、両チーム共に好スタートを切る。その後、白鷗大は#14佐坂を中心にゴールに切り込み得点を重ねる。対する松蔭大は、#6小林や#10高橋、#8梅林らが3Pシュートを着実に決め、均衡した展開のまま、19-20と白鷗大が僅かにリードを得て第2ピリオドへ。


 第2ピリオド、序盤、松蔭大#6小林の3Pシュートが決まるも、直後、白鷗大#20ソハナが怒涛の4連続得点をあげ、流れは一気に白鷗大に。その後も白鷗大は#20ソハナの得点に加え、#16菊地、#19今村、#12小林などのリザーブメンバーが着実に得点を重ね、瞬く間に点差は19点に。残り3分を切ったところで松蔭大#9奥が連取するも、26-41。白鷗大が二桁のリードを得て後半戦へ。


 第3ピリオド、第2ピリオドと同様に出だしから松蔭大#6小林が3Pシュートを決めるが、白鷗大も#4三木、#5神﨑らが積極的にゴールに切り込み得点を重ね二桁リードを保つ。しかし、松蔭大#6小林が二本連続で3Pシュートを決めると点差を6点にまで縮めることに成功するが、白鷗大も立て直し、43-60で最終ピリオドへ。


 第4ピリオド、白鷗大は#5神﨑や#13小笠原らが鋭いドライブで点を奪い取る。後がない松蔭大は#6小林がこの試合6本目の3Pシュートを決めるが、白鷗大は攻撃の手を緩めることなくセンター陣の高さを活かし、ゴール下で#20ソハナや#10山下、#8佐藤らが加点。最後まで松蔭大が白鷗大の背中の背中を捉える事はなく、48-78で白鷗大が快勝した。


橋本 美香