試合区分:No.13
開催期日:2017年9月6日
開始時間:14:00:00
開催場所: さいたま市記念総合体育館 Bコート
主審:中嶽 希美子
副審:山﨑 雅洋

早稲田大学 65 21 -1P- 24
17 -2P- 03
11 -3P- 11
16 -4P- 23
-OT-
-OT-
61 松蔭大学

早稲田大学

HC:藤生 喜代美
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 安藤 友里恵 DNP
2 砂川 夏輝 6 0 0 3 4 0 0 5 0 0 0 0 1 0 1 12:22
5 細貝 野乃花 8 1 9 2 4 1 1 3 1 6 7 0 0 0 0 31:12
9 小島 由希子 DNP
10 萩尾 千尋 4 0 2 2 4 0 0 2 3 2 5 0 0 0 4 34:09
12 石井 香帆 DNP
14 田中 真美子 14 0 0 7 15 0 0 0 6 0 6 1 1 2 2 28:28
19 崎上 あやね DNP
20 岩田 千夏子 0 0 0 0 1 0 0 2 0 1 1 0 0 0 0 5:37
21 高田 静 13 1 3 5 9 0 0 0 1 6 7 9 1 0 3 34:51
23 澁谷 咲月 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 1:49
24 今仲 杏奈 8 0 2 3 6 2 2 2 1 6 7 2 0 0 2 25:16
26 船生 晴香 DNP
33 中田 珠未 12 0 1 6 12 0 0 3 1 11 12 0 1 1 4 26:16
37 内山 未悠 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 4 9 0 0 0 0 00:00
合計 65 2 17 28 55 3 3 18 18 37 55 12 4 3 16 200:00

松蔭大学

HC:小林 夕紀恵
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 星澤 真 3 1 3 0 6 0 0 2 2 4 6 0 1 3 2 40:00
5 土倉 亜弥加 DNP
6 橋本 花紀 DNP
7 稲葉 さくら DNP
8 横川 清香 DNP
9 梅林 由佳 1 0 0 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 10:45
10 関﨑 南 DNP
11 加藤 宇希波 18 3 14 3 8 3 4 0 4 7 11 3 1 0 5 40:00
12 佐々木 亜美 DNP
13 小林 優香 17 2 6 4 9 3 4 4 3 1 4 0 1 0 2 40:00
14 横山 果菜 13 3 6 2 7 0 2 1 4 1 5 1 3 0 2 40:00
15 奥 伊吹 9 0 2 4 13 1 1 3 1 7 8 0 1 0 3 29:15
16 新村 莉子 DNP
17 熊谷 日毬 DNP
18 安彦 かすみ DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 8 0 0 0 0 00:00
合計 61 9 31 13 43 8 13 10 18 24 42 4 7 3 14 200:00

GAME REPORT

 第1ピリオド、早稲田大#10萩尾が切れの良いシュートを沈めると、すかさず松蔭大#13小林が決め返し、両者一歩も譲らない展開で試合が始まる。しかしその後、早稲田大が#24今仲や#21高田の安定したシュートで6点のリードを得る。タイムアウトで立て直した松蔭大は#11加藤(宇)の3Pシュートなどが功を奏し瞬く間に点差を縮める。同点で迎えた終盤、松蔭大は#15奥がバスケットカウントで一歩抜け出すとそのままリードを保ち24-21。松蔭大がわずかにリードし第1ピリオド終了。


 第2ピリオド、早稲田大は序盤から#21高田のドライブや#5細貝のバスケットカウントで流れを取り戻すと、その後も#14田中のシュートを中心に徐々にリードを伸ばし点差を2桁とする。一方の松蔭大は、相手のディフェンスに苦しみペースが掴めず我慢の展開が続く。終盤に入り松蔭大は、#11加藤(宇)、#13小林がフリースローを沈め喰らい付くもフィールドゴールは入らないまま終了。38-27とディフェンスから流れを掴んだ早稲田大が一歩抜け出し勝負は後半へ。


 第3ピリオド、前半、松蔭大は#13小林、#11加藤(宇)とシュートが決まりだし徐々にリズムを取り戻す。しかし早稲田大も、#21高田のドライブや#14田中のゴール下と決め所を外さず、2桁リードを保つ。後半に入っても、松蔭大は#14横山が立て続けにジャンパーを沈め喰らい付くが、早稲田大も#14田中がゴール下を着実に決めて一進一退の展開が続く。結局、均衡状態のまま49-38と早稲田大がリードを守り第3ピリオド終了。


 第4ピリオド、早稲田大は勢いを継続し、#21高田のドライブや#2砂川のワンマン速攻と好調なスタートを切る。一方の松蔭大は、#11加藤(宇)の3Pシュートをきっかけにじわじわと詰め寄ると、中盤、#11加藤(宇)の3Pシュートで点差を5点まで詰める。しかし、早稲田大はすかさず#14田中のゴール下を沈め流れは渡さない。残り3分、松蔭大は#4星澤の3Pシュートに#13小林のロングシュートが決まり粘りを見せるも、早稲田大は、#33中田を筆頭にリズムが良いオフェンスを展開しリードを守り抜く。終了間際、松蔭大は#13小林が3Pシュートを沈めるが無念のタイムアップ。65-61で、最後までリードを守り抜いた早稲田大が3連勝を収めた。

小籔 夕未