試合区分:No.1592
開催期日:2019年5月11日
開始時間:11:00:00
開催場所: 日本女子体育大学
主審:小坂井 郁子
副審:小柳 幸子,稲田 翔人

順天堂大学 78 19 -1P- 22
23 -2P- 17
17 -3P- 12
19 -4P- 16
-OT-
-OT-
67 立教大学

順天堂大学

HC:相澤 義政
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 古海 朝日 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:40
5 田村 衣莉 0 0 2 0 5 0 0 3 0 0 0 1 1 0 1 15:00
6 二渡 琴音 DNP
7 長埜 美柚 DNP
8 酒井 麻菜 4 0 0 2 3 0 0 0 1 1 2 2 1 0 1 19:48
9 濱西 七海 14 2 5 4 7 0 0 1 1 1 2 5 1 0 2 26:04
10 船生 友香 23 5 9 2 2 4 7 1 0 4 4 1 4 1 2 33:45
17 宗形 真李 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:40
21 玉田 和波 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2 0:40
25 児玉 結唯 6 0 1 3 4 0 0 0 0 2 2 2 1 1 1 19:32
30 武藤 優 3 1 3 0 2 0 0 0 1 4 5 2 0 0 2 19:24
32 幸嶋 里奈 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:40
34 濵 菜月 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0:40
35 植松 莉佳 12 0 1 6 9 0 0 0 3 6 9 3 1 2 1 34:18
56 玉澤 朋実 16 0 0 8 15 0 1 4 3 4 7 0 1 0 1 28:49
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 0 0 0 1 00:00
合計 78 8 22 25 47 4 8 10 9 25 34 16 10 4 14 200:00

立教大学

HC:本橋 健
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
5 中島 彩衣 10 2 3 2 6 0 0 1 0 8 8 0 0 1 1 39:27
9 岩崎 凪紗 2 0 0 1 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4:49
10 矢野 祐未 13 1 1 3 9 4 4 3 5 7 12 4 3 2 2 32:09
11 福田 萌夏 DNP
12 丹羽 風春天 DNP
13 小山内 パメラウーゴ 4 0 0 2 3 0 0 0 0 2 2 1 0 0 1 16:22
15 桐川 美流 DNP
16 芳賀 朱里 4 0 0 2 7 0 0 1 0 4 4 2 0 0 3 26:24
18 西山 郁乃 3 0 0 1 2 1 2 0 0 0 0 0 0 0 1 5:05
26 坂入 彩水 DNP
27 小沼 康乃 9 1 6 2 2 2 2 4 0 3 3 0 0 0 2 22:44
28 高野 香菜 18 3 5 4 8 1 2 0 0 2 2 5 2 1 5 32:22
30 山地 一穂 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 8:10
31 長嶋 アンソニー真弥 4 0 2 2 2 0 0 0 0 1 1 1 0 0 1 12:27
43 岡戸 梨乃 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 3 0 0 0 1 00:00
合計 67 7 17 19 41 8 10 11 7 28 35 14 5 4 17 200:00

GAME REPORT

順天堂大学と立教大学による7位決定戦。第1クォーター、順天堂大は#10船生の4本を含む5本の3Pシュートが決まる。立教大は#10矢野、#28高野のコンビプレイが光り、拮抗した状態が続く中で19-22と立教大が一歩前に出る。第2クォーターに入り順天堂大は#9濱西を起点とし果敢に攻め込むと、一気に加点し流れを掴む。緊迫した展開の中で順天堂大が逆転に成功し、42-39で試合を折り返す。第3クォーター、順天堂大は序盤から連続得点で勢いに乗り点差を離していく。粘る立教大をかわし、59-51とリードを広げる。第4クォーター、順天堂大が主導権を握り、冷静にゲームをコントロールすると、立教大の反撃を引き寄せることなく試合を進めていき、78-67、リードを保ったまま勝利を収めた。


 第1クォーター、開始直後に順天堂大#10船生が3Pシュートを沈めると、立教大#28高野が3Pシュートで応える。中盤、順天堂大は#10船生を中心に高確率で3Pシュートを沈め加点していく。対する立教大は#10矢野、#28高野を中心とした連携プレイで着実に得点を重ねていき一進一退の攻防が続く。終盤、順天堂大は#10船生が4本目となる3Pシュートを決めるも、立教大は#5中島の連続3Pシュートで振り切り、19-22、立教大の3点リードで第1クォーターを終える。


 第2クォーター、立教大は#28高野の得点により点差を広げにかかるも、順天堂大は#9濱西の好アシストから#35植松、#56玉澤が着実にシュートを沈め、さらに#9濱西が3Pシュートを沈めると同点に追いつく。勢いに乗った順天堂大は#25児玉、#56玉澤らが得点を続け34-26まで点差を広げる。後半、流れを変えたい立教大は#5中島、#28高野らの得点で反撃を開始するも、順天堂大は#56玉澤、#25児玉が加点を続け、流れを譲らない。このクォーターで逆転に成功した順天堂大が42-39とリードし後半へ。


 第3クォーター、序盤、順天堂大は#10船生のバスケットカウントに#35植松、#56玉澤、#8酒井が続き主導権を握ると、開始3分で53-39とする。中盤、追いつきたい立教大は#10矢野、#27小沼が奮闘し、じわじわと点差を詰めていく。終盤、順天堂大は激しいディフェンスからシュートチャンスを生み出すも、決めきることができない。緊迫したムードの中試合が進み、59-51と順天堂大がわずかにリードを広げ最終クォーターへ。


 第4クォーター、前半、立教大のオフェンスの足が止まり始めると順天堂大はディフェンスの粘り強さを見せ、順天堂大ペースで試合が進む。立教大は#31長嶋が得点し、流れに乗りたいところだが、順天堂大は#56玉澤、#9濱西らが中心となりそれを阻む。後半、立教大は#10矢野、#27小沼を中心に果敢にアタックするがなかなか得点には結びつかない。順天堂大は、最後まで冷静なコントロールと着実な加点でリードを保ち、78-67で立教大に勝利し、7位の座を獲得した。

Powered by Froala Editor

Powered by Froala Editor

日高 遼子