試合区分:No.1594
開催期日:2019年5月11日
開始時間:14:20:00
開催場所: 日本女子体育大学
主審:岩井 遥河
副審:中澤 美保子,大井 陽平

東京医療保健大学 61 19 -1P- 17
13 -2P- 17
14 -3P- 13
15 -4P- 18
-OT-
-OT-
65 白鴎大学

東京医療保健大学

HC:玉城 耕二
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 赤木 里帆 2 0 0 1 1 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 2:53
3 崎原 成美 0 0 1 0 0 0 0 2 0 1 1 0 0 0 2 6:28
5 パレイ ノリコ 11 0 0 5 8 1 3 3 1 2 3 0 0 0 0 22:57
7 安藤 舞香 2 0 4 0 0 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 10:24
8 ジョシュア ンフォノボテミトペ 3 0 0 0 3 3 4 1 4 4 8 1 1 0 0 17:04
11 三好 青花 0 0 1 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 8:31
12 木村 亜美 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:54
13 平末 明日香 9 1 4 2 6 2 2 3 1 3 4 2 1 0 3 33:53
14 岡田 英里 8 1 6 2 6 1 1 2 1 5 6 0 1 1 0 32:47
15 篠原 彩音 DNP
16 髙野 柚希 DNP
18 藤本 愛妃 6 0 0 2 9 2 2 1 0 4 4 1 0 0 5 30:23
25 伊森 可琳 DNP
32 永田 萌絵 20 0 1 8 14 4 5 1 1 3 4 1 0 0 0 31:45
34 阿部 泉美 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 6 9 0 0 0 1 00:00
合計 61 2 17 20 48 15 19 15 11 31 42 5 3 1 11 200:00

白鴎大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 軸丸 ひかる 3 1 3 0 7 0 0 0 1 4 5 2 0 0 1 28:17
5 神﨑 璃生 5 1 1 1 2 0 0 1 0 1 1 2 1 0 1 13:05
6 山崎 澪菜 0 0 1 0 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 1 9:40
7 今村 優花 21 2 4 5 10 5 5 2 2 1 3 2 0 1 2 26:42
8 佐藤 京香 0 0 1 0 3 0 0 2 0 5 5 1 1 0 0 34:25
9 大竹 優香子 DNP
11 小鷹 実春 DNP
12 松永 夏海 DNP
13 小笠原 彩香 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 2:16
14 佐坂 樹 15 3 7 3 8 0 1 3 2 9 11 0 0 0 2 31:43
15 天坂 伶香 3 0 0 1 4 1 2 1 1 2 3 1 0 0 1 11:04
16 菊地 恵里奈 4 0 3 2 5 0 0 4 2 4 6 0 1 0 1 23:19
17 大村 早和 DNP
18 鈴置 彩夏 DNP
20 シラソハナ ファトージャ 14 0 0 6 12 2 2 4 6 2 8 0 0 3 0 19:29
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 0 0 0 3 00:00
合計 65 7 20 18 52 8 10 20 14 32 46 9 3 4 12 200:00

GAME REPORT

東京医療保健大学と白鷗大学の決勝リーグ第2戦。第1クォーター、医療保健大は#13平末のアシストやジャンパーで得点を挙げる一方、白鷗大は#20ソハナが連続得点を挙げ17-19と拮抗した展開となる。第2クォーター、白鷗大は#7今村が3Pシュートを決め逆転に成功するも、医療保健大は#32永田がバスケットカウントを決め応戦、32-38と白鷗大の6点リードで前半を終える。後半、白鷗大が得点すると医療保健大もすかさず決め返し、点差は開かない。しかし、第4クォーターで白鷗大#7今村が3Pシュートを沈めると#14佐坂も3Pシュートを決め医療保健大に9点差をつけ、流れを掴み、61-65と白鷗大が勝利し2つ目の白星を獲得した。


 第1クォーター、医療保健大#32永田が先制すると#13平末も3Pシュートで後に続き、好スタートを切る。白鷗大は#20ソハナが8得点を挙げるも、医療保健大はドライブで攻め込み得点を重ね両者一歩も譲らない。終盤、白鷗大が医療保健大のドライブを封じると一時流れを掴みかけるが、医療保健大もシュートをねじ込み対抗する。白鷗大#5神﨑の3Pシュートが決まり、19-17で第1クォーターを終える。


 第2クォーター、白鷗大#7今村のドライブや3Pシュートで逆転に成功、さらに#14佐坂の3Pシュートも決まり、一気に5点のリードを奪う。終盤、医療保健大は#32永田がバスケットカウントを決め同点に追いつくも白鷗大#7今村が決め返し、得点を取り合う。32-34で白鷗大がリードし、試合を折り返す。


 第3クォーター、白鷗大は#20ソハナや#14佐坂とインサイドで得点するとリードを6点に広げる。しかし、医療保健大は#32永田、#2赤木がジャンパーを沈め食らいつく。両チームともにインサイドを中心に得点し、拮抗した展開となり、46-47。白鷗大がわずかにリードし第3クォーターを終える。


第4クォーター、白鷗大#7今村が3Pシュートを決めると医療保健大はたまらずタイムアウトを請求し流れを断ち切る。中盤、医療保健大#14岡田が3Pシュートを決めるが、白鷗大#14佐坂も3Pシュートを決め返し、リードを10点まで伸ばす。終盤、医療保健大は#32永田のドライブや#14岡田のバスケットカウントで追い上げを見せるも、タイムアップ。61-65で白鷗大が接戦を制し2つ目の白星を勝ち取った。

Powered by Froala Editor

北原 明日香