試合区分:No.17
開催期日:2017年9月9日
開始時間:16:00:00
開催場所: 専修大学 生田校舎
主審:蒲 健一
副審:坂田 愛

松蔭大学 57 13 -1P- 26
13 -2P- 20
14 -3P- 17
17 -4P- 05
-OT-
-OT-
68 早稲田大学

松蔭大学

HC:小林 夕紀恵
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 星澤 真 0 0 0 0 5 0 0 3 1 4 5 1 1 0 4 23:45
5 土倉 亜弥加 DNP
6 横川 清香 DNP
6 橋本 花紀 DNP
7 稲葉 さくら 2 0 1 0 0 2 2 0 1 0 1 0 0 0 1 12:10
8 横川 清香 DNP
9 梅林 由佳 2 0 1 1 2 0 0 1 1 3 4 0 0 0 0 15:28
10 関﨑 南 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:52
11 加藤 宇希波 16 3 5 2 8 3 4 4 5 3 8 1 1 0 2 37:11
12 佐々木 亜美 DNP
13 小林 優香 19 3 7 5 14 0 0 0 1 2 3 0 0 0 2 36:17
14 横山 果菜 5 0 2 0 9 5 6 2 1 5 6 1 1 0 3 32:17
15 奥 伊吹 7 1 2 2 6 0 0 1 1 3 4 0 2 1 1 22:22
16 新村 莉子 2 0 0 1 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 6:15
17 熊谷 日毬 4 0 0 1 3 2 2 2 0 0 0 0 2 0 1 10:33
18 安彦 かすみ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:49
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 6 0 0 0 2 00:00
合計 57 7 19 12 48 12 14 13 14 24 38 3 7 1 16 200:00

早稲田大学

HC:藤生 喜代美
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 砂川 夏輝 2 0 1 1 4 0 0 1 2 0 2 2 1 0 0 22:48
5 細貝 野乃花 12 4 9 0 2 0 2 4 0 7 7 1 0 0 4 23:09
9 小島 由希子 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 7:22
10 萩尾 千尋 5 1 1 1 3 0 0 1 4 1 5 4 1 0 1 22:09
12 石井 香帆 DNP
14 田中 真美子 8 0 0 3 7 2 2 0 4 5 9 1 2 1 2 18:27
16 林 靖子 DNP
19 崎上 あやね 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:50
20 岩田 千夏子 1 0 0 0 0 1 2 1 1 1 2 3 0 0 2 11:50
21 高田 静 7 0 2 3 11 1 2 2 1 5 6 5 0 0 3 26:31
23 澁谷 咲月 4 0 0 2 3 0 0 1 0 1 1 1 0 1 1 15:01
24 今仲 杏奈 7 1 3 2 4 0 0 3 2 4 6 0 0 1 0 18:33
26 船生 晴香 DNP
33 中田 珠未 8 0 1 3 9 2 6 2 5 1 6 0 0 1 5 18:14
37 内山 未悠 14 2 2 4 7 0 0 0 2 1 3 0 2 1 3 15:06
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 7 10 0 0 0 2 00:00
合計 68 8 19 19 52 6 14 16 24 33 57 17 6 5 23 200:00

GAME REPORT

 第1ピリオド、早稲田大は、序盤から#24今仲が3Pシュートを沈めると、その後も#5細貝の2連続の3Pシュートなどで続き勢いづく。対する松蔭大も果敢に攻め込みフリースローや#11加藤の3Pシュートで喰らい付くが、徐々に点差を引き離される。終盤に入っても、早稲田大は失速することなく#5細貝が2本の3Pシュートを沈め、相手のディフェンスを巧みにかわし加点。一方の松蔭大は、#17熊谷がフリーローで粘るも26-13。早稲田大が出だしから順調な大量リードを得て第2ピリオドへ。


 第2ピリオド、松蔭大は開始1分で#15奥の3Pシュート、#14横山のフリースローで点差を1桁に戻し幸先の良いスタートを切る。しかし、対する早稲田大はオフェンスリバウンドから#10萩尾、#33中田らが得点につなげ、巻き返しを許さない。中盤に差し掛かかっても早稲田大は激しいディフェンスからボールを奪うと#37内山、#2砂川が加点。一方の松蔭大も#13小林の3Pシュートや#11加藤のジャンパーで粘りを見せる。しかし、最後は早稲田大#37内山が3Pシュートのブザービートを沈め46-26。早稲田大がリードを伸ばして前半終了。


 第3ピリオド、序盤、両者ともにゴールに嫌われ我慢の展開が続くが、早稲田大#33中田のシュートをきっかけに両チームともスコア動き出す。そこから松蔭大は#13小林のジャンパーや#11加藤のフリースロー、早稲田大は#24今仲、#14田中のゴール下と一進一退の攻防を繰り広げる。終盤に入っても、両者譲らず、早稲田大は#21高田の速攻や#37内山のレイアップ、松蔭大は#13小林の3Pシュートや#16新村のフックシュートで加点。点差が動かないまま残り30秒、早稲田大は#37内山がまたしても3Pシュートでブザービートを決め63-40。松蔭大が粘るも僅かにリードを広げられ最終ピリオドへ。


 第4ピリオド、始まりから、松蔭大#15奥が見事なドライブで先制するが、すかさず早稲田大#23澁谷がカットインで取り返し両者一歩も引かない展開となる。その後も、追いかける松蔭大は#11加藤の3Pシュートで必死に巻き返しを図るも、早稲田大は巧みなリバウンドやボールコントロールでリードを守る。残り3分、松蔭大は#13小林の2連続得点に#9梅林のターンシュートが続き、15点差をじわじわと詰め寄る。その後も松蔭大は#7稲葉のフリースローや#17熊谷の速攻で最後の粘りをみせるが無念のタイムアップ。68-57で、終始リードした早稲田大が4つ目の勝ち星を獲得した。

小籔 夕未