1. HOME >>
  2. 試合スケジュール・試合結果(リーグ)

スケジュール&試合結果(リーグ)

第66回関東大学女子バスケットボールリーグ戦

大会名 1部
日時/年月日・試合開始時間 9月17日(土) 第4試合 17:00~
対戦 早稲田大学 vs 専修大学
  1Q 2Q 3Q 4Q OT1 OT2 OT3 合計 試合終了
早稲田大学 21 20 24 12 0 0 0 77
専修大学 9 15 18 20 0 0 0 62

レポート

 第1ピリオド、開始から早稲田大#7加藤が攻守に渡る活躍で猛攻を仕掛ける。一方の専修大は相手の堅い守りに苦しめられ、重い立ち上がりとなる。中盤になっても早稲田大は攻撃の手を緩めることなく、#25中村らセンター陣が堅実に仕事をこなす。専修大は#6近藤が意地の3Pシュートを決めるも、開いた差は縮まらず、21-9。早稲田大が大量リードで第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、序盤、早稲田大は#24今仲、#14田中が内外問わずに加点。追いつきたい専修大は#27小笠原がリバウンドに飛び込み粘るも、後が続かずミスが重なる。対する、早稲田大は勢いが衰えず、#22田村の3Pシュートなどでリードを広げる。終盤、専修大も#15清田、#27小笠原が得点を重ね、奮闘するも、早稲田大が#2砂川のアシストから#37内山が確実に沈め41-24とし、相手を引き離し前半終了。

 第3ピリオド、開始早々、早稲田大は#14田中の力強いプレイで先制し幸先の良いスタートを切る。さらに、#17中村(和)が3Pシュートを沈め、リズムを掴む。対する専修大も#3渡部、#12田口がジャンプシュートを確実に決め追い上げる。しかし、中盤、早稲田大は#17中村(和)の3Pシュートを皮切りに連続8得点し、相手を寄せ付けない。終盤、専修大も#7村岡がバスケットカウントを得るなど喰らい付くが、早稲田大#21高田の華麗なアシストで65-42。早稲田大がリードのまま第3ピリオド終了。

 第4ピリオド、序盤、専修大は#15清田が果敢にドライブで切り込み、チームを鼓舞するとでディフェンスから相手のミスを誘う。一方、早稲田大は#22田村と#21高田のコンビネーションが冴え渡り、流れをもたらす。専修大も#13鈴木が仕掛け得点を重ねる。さらに、相手のファウルからフリースローを得ると、勢い付き#12田口、#27小笠原が3Pシュートを沈め猛追。しかし、無念のタイムアップ。早稲田大が77-62と安定した試合運びで白星を手にした。

BOXスコア

※BOXスコアをご覧いただくには、Adobe社のAdobe® Flash® Playerが必要です。表示されない場合は、こちらから最新版をインストールして下さい。

会場

会場名 新座市民総合体育館
住所 〒352-0022 埼玉県新座市本多2-1-20
電話番号 048-478-8011
コメント
モバイルサイトQRコード主要大会の試合結果を
いち早くGETしよう!

4月12日(土)より移転しました。
お間違いのないようお願い致します。
新しい事務所の詳細は下記PDFをご参照ください。

新学連事務所について

スポーツ安全協会 VAYoreLA ロイヤルエンタープライズ
関東大学女子バスケットボール連盟公式SNS(twitter,Facebook)で最新情報を発信中!