1. HOME >>
  2. 試合スケジュール・試合結果(トーナメント)

スケジュール&試合結果(トーナメント)

第51回関東大学女子バスケットボール選手権大会

大会名 決勝リーグ・5位~8位決定戦
日時/年月日・試合開始時間 5月14日(日) 第1試合 12:00~
対戦 拓殖大学 vs 松蔭大学
  1Q 2Q 3Q 4Q OT1 OT2 OT3 合計 試合終了
拓殖大学 26 30 22 32 0 0 0 110
松蔭大学 26 17 19 28 0 0 0 90

レポート

 第1ピリオド、開始早々、拓殖大は厳しいディフェンスから相手のミスを誘うと、#39藤田のブレイクで先制点を挙げ、その後も順調に得点を重ねる。対する松蔭大は、序盤から#5加藤(宇)のアウトサイドシュートが決まり、このピリオドだけで5本の3Pシュートを成功させ、勢いに乗る。中盤、拓殖大は、ディフェンスリバウンドから速攻を仕掛け、#57加藤、#5山崎のジャンパーなどでコンスタントに加点し、リードを譲らない。両チーム速い展開のバスケットをみせる中、一進一退の攻防が続き、26-26。どちらも一歩も譲らず第1ピリオドを終える。

 第2ピリオド、序盤、松蔭大は第1ピリオド同様、#5加藤(宇)の3Pシュートや、#6横山の技ありなドライブで加点していく。対する拓殖大は、高さのミスマッチを活かし、#23ローにボールを集め、相手のファールを誘発することに成功。松蔭大が中にディフェンスを固めると、#57加藤、#35水野が3Pシュートを射抜き、攻撃の手を緩めずリードを得る。終盤、松蔭大は#5加藤(宇)の3Pシュートなどで粘るも拓殖大の勢いは止まらず、56-43。バランスよく得点を重ねた拓殖大が13点リードで前半を折り返す。

 第3ピリオド、点差を縮めたい松蔭大は#4星澤のオフェンスリバウンドや#9奥のパワフルなドライブで得点を挙げるも、拓殖大の内外バランスの取れた攻撃を抑えることができず点差は縮まらない。中盤、拓殖大は#23ローの連続得点でリードを20まで広げ、松蔭大を引き離す。終盤、松蔭大は#15梅林のアウトサイドシュートで粘るも、78-62。拓殖大がリードを広げ、第3ピリオド終了。

 第4ピリオド、このままでは終われない松蔭大は、#4星澤のジャンパーを皮切りに、3連続得点でビハインドを縮めると、#10小林が連続で3Pシュートを沈め流れを引き寄せる。しかし、拓殖大も好調の#57加藤、#77中村の3Pシュートで応戦。さらに#23ローがゴール下を支配し、追い討ちをかける。終盤、松蔭大は#6横山がバスケットカウントをねじ込み、さらに3Pシュートを含む怒涛の4連続得点で意地を見せるも、拓殖大の攻撃を抑えることが出来ぬまま時計は進み、最後、拓殖大#23ローがゴール下シュートを決め試合終了。攻撃の手を緩めず、安定して得点を重ねた拓殖大が110-90と、ハイスコアゲームを勝利し、3位入賞を果たした。

BOXスコア

※BOXスコアをご覧いただくには、Adobe社のAdobe® Flash® Playerが必要です。表示されない場合は、こちらから最新版をインストールして下さい。

会場

会場名 日本女子体育大学 総合体育館アリーナ
住所 157-0061 東京都世田谷区北烏山8−19−1 MAP
電話番号 03-3300-2258
コメント 京王線「千歳烏山」駅下車より 小田急バス1番のりば(「吉祥寺駅」行き)「日本女子体育大学前」下車すぐ(所要時間約7分) 又は徒歩20分

JR線/京王井の頭線「吉祥寺」駅下車田急バス 2番のりば(「千歳烏山駅」行き)「日本女子体育大学前」下車すぐ(所要時間約25分)
モバイルサイトQRコード主要大会の試合結果を
いち早くGETしよう!

4月12日(土)より移転しました。
お間違いのないようお願い致します。
新しい事務所の詳細は下記PDFをご参照ください。

新学連事務所について

スポーツ安全協会 VAYoreLA ロイヤルエンタープライズ
関東大学女子バスケットボール連盟公式SNS(twitter,Facebook)で最新情報を発信中!