1. HOME >>
  2. 試合スケジュール・試合結果(トーナメント)

スケジュール&試合結果(トーナメント)

第51回関東大学女子バスケットボール選手権大会

大会名 決勝リーグ・5位~8位決定戦
日時/年月日・試合開始時間 5月14日(日) 第2試合 14:00~
対戦 東京医療保健大学 vs 早稲田大学
  1Q 2Q 3Q 4Q OT1 OT2 OT3 合計 試合終了
東京医療保健大学 13 12 20 14 0 0 0 59
早稲田大学 21 8 21 17 0 0 0 67

レポート

 第1ピリオド、早稲田大は#33中田が中で勝負すると、#2砂川が3Pシュートを沈め勢いづく。対する、医療保健大も負けじと#1若原、#32永田の得点で応戦する拮抗した状態となる。中盤、早稲田大は#21高田、#20岩田のアシストで得点を重ねていく。一方の医療保健大は#7王、#18藤本のインサイド陣が奮闘するも単発で終わり差が広がる。最後、#7王がゴール下を決め21-13。早稲田大が僅かに抜け出し第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、両チーム相手の堅い守りに阻まれスコアが伸びない。早稲田大は#2砂川がうまく合わせ連続得点を挙げるも後が続かず。追い上げを図る医療保健大は、#13平末のドライブ、#18藤本のゴール下、#1若原のリバウンドショットで徐々に差を縮める。29-25で早稲田大がリードを守り前半終了。

 第3ピリオド、医療保健大が一気に流れを引き寄せる。#25津村のバスケットカウント、#13平末の3Pシュートで逆転すると、#14岡田も3Pシュートで続く。立て直したい早稲田大はタイムアウトを要求すると、#10萩尾が攻守に渡る活躍を見せ振り出しに戻す。さらに、#21高田の連続得点でリードを得て50-45。早稲田大リードのまま、勝負の行方は最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、開始早々、早稲田大#2砂川がドライブで切り込みフリースローを獲得すると、医療保健大は#14岡田が3Pシュートを決め返す。中盤、早稲田大#24今仲の連続得点で点差を2桁に。対する医療保健大も#14岡田の3Pシュートで粘るものの、早稲田大#21高田のドライブに翻弄される。最後、医療保健大#14岡田が強気のドライブでバスケットカウントを獲得するが、無念のタイムアップ。67-59で早稲田大が6年ぶりの優勝を手にした。

BOXスコア

※BOXスコアをご覧いただくには、Adobe社のAdobe® Flash® Playerが必要です。表示されない場合は、こちらから最新版をインストールして下さい。

会場

会場名 日本女子体育大学 総合体育館アリーナ
住所 157-0061 東京都世田谷区北烏山8−19−1 MAP
電話番号 03-3300-2258
コメント 京王線「千歳烏山」駅下車より 小田急バス1番のりば(「吉祥寺駅」行き)「日本女子体育大学前」下車すぐ(所要時間約7分) 又は徒歩20分

JR線/京王井の頭線「吉祥寺」駅下車田急バス 2番のりば(「千歳烏山駅」行き)「日本女子体育大学前」下車すぐ(所要時間約25分)
モバイルサイトQRコード主要大会の試合結果を
いち早くGETしよう!

4月12日(土)より移転しました。
お間違いのないようお願い致します。
新しい事務所の詳細は下記PDFをご参照ください。

新学連事務所について

スポーツ安全協会 VAYoreLA ロイヤルエンタープライズ
関東大学女子バスケットボール連盟公式SNS(twitter,Facebook)で最新情報を発信中!