試合区分:No.1473
開催期日:2018年10月13日
開始時間:12:40:00
開催場所: 拓殖大学八王子国際校舎
主審:吉宇田 和泉
副審:前田 菜津子

筑波大学 70 25 -1P- 04
08 -2P- 15
14 -3P- 19
23 -4P- 10
-OT-
-OT-
48 松蔭大学

筑波大学

HC:柏倉 秀徳
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
5 嘉数 唯 4 0 0 2 2 0 0 1 3 3 6 0 1 0 0 19:06
10 小林 珠子 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:10
11 木村 珠貴 4 0 0 2 4 0 1 0 1 2 3 0 1 1 0 18:08
14 伊藤 遥香 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:43
16 高辻 真子 11 1 1 4 8 0 0 0 0 4 4 1 2 0 6 34:11
20 矢田 真悠 7 1 3 2 3 0 0 1 1 1 2 1 1 1 1 18:15
23 渡邊 悠 14 0 0 6 13 2 2 4 3 4 7 2 0 2 5 32:25
24 佐々木 芽衣 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5:26
25 原田 知歩 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1:10
31 夏井 麻朱 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 5:48
32 佐藤 由佳 9 0 0 4 9 1 1 4 1 3 4 0 1 0 1 20:44
37 田中 みなみ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 4:54
43 澤田 佳奈 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:28
45 佐藤 由璃果 16 0 1 6 11 4 5 4 4 7 11 3 1 1 0 19:50
72 出原 菜月 2 0 2 1 2 0 0 1 0 3 3 1 0 1 0 14:36
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 6 0 0 0 1 00:00
合計 70 3 10 27 53 7 9 17 14 32 46 8 8 6 15 200:00

松蔭大学

HC:小林 夕紀恵
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 加藤 宇希波 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:44
5 稲葉 さつき 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5:16
6 小林 優香 8 2 9 0 6 2 2 1 1 1 2 0 2 0 1 36:42
7 横山 果菜 7 0 3 2 8 3 4 4 2 2 4 1 2 0 3 38:10
8 梅林 由佳 7 0 1 2 8 3 5 3 0 6 6 0 0 0 2 35:20
9 奥 伊吹 26 1 3 9 15 5 8 2 1 1 2 0 2 0 2 35:46
10 高橋 彩 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4:18
11 稲葉 さくら 0 0 0 0 1 0 0 0 3 3 6 0 1 0 0 32:18
12 関﨑 南 DNP
13 加藤 美紅 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:38
14 熊谷 日毬 DNP
15 野本 陽香 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 6:31
16 大畠 澄 DNP
17 橋本 花紀 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:10
18 伊藤 かれん DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 6 10 0 0 0 3 00:00
合計 48 3 17 13 41 13 19 10 11 20 31 1 7 0 12 200:00

GAME REPORT

8戦を終え2勝6敗の筑波大と1勝7敗の松蔭大との一戦。開始直後から流れを掴んだ筑波大が一気に得点し、第1ピリオドで25-4と大きくリードを広げる。その後、松蔭大がじりじりと点差を詰めていくも、筑波大も着実に得点を重ね、流れを譲ることなく33-19で前半を終える。後半、一進一退の拮抗した戦いが続くも、途中、相手のディフェンスを前にスコアの止まった松蔭大に対し、コンスタントに加点を続け最後まで優位に試合を進めた筑波大が70-48で勝利し、3つ目の白星を勝ち取った。


第1ピリオド、開始早々、松蔭大#9奥が巧みなステップから得点するも、筑波大は#20矢田、#23渡邊、#45佐藤(由璃)が次々加点し開始5分で13-2と一気に二桁リードを得る。その後、後半も試合は筑波大ペースで進み、早いパス展開から#45佐藤(由璃)を中心とし着実に得点を重ねていく。一方の松蔭大は筑波大の粘り強いディフェンスを前に攻めきることができず、得点が止まる。25-4と、筑波大の大幅リードで第1ピリオドを終える。


 第2ピリオド、前半、筑波大の勢いは止まらず、#72出原、#5嘉数の活躍でさらに点差を広げる。しかし松蔭大も意地を見せ、#8梅林、#9奥がフリースローやドライブから得点しコツコツと決め返していく。後半、松蔭大は#6小林の3Pシュートを皮切りに#9奥、#8梅林が中心となって反撃を始める。一方の筑波大は松蔭大の勢いに押され得点が止まると、33-19、松蔭大が点差を詰めて後半へ。


 第3ピリオド、前半、筑波大は#20矢田、#23渡邊を軸に松蔭大は#9奥、#8梅林を軸に得点を重ねていくと、両者一歩も譲らぬ拮抗した展開となる。後半、松蔭大は#9奥が猛攻を見せるも筑波大は#11木村、#16高辻が決め返しす。その後もどちらかに流れが大きく傾くことはなく、47-38、松蔭大が点差を一桁まで詰めて最終ピリオドへ。


 第4ピリオド、序盤から松蔭大#9奥の勢いは収まらず、6点差まで詰めるも、筑波大は#16高辻、#11木村ら上級生が要所で決めきる強さを見せ、流れを譲らない。中盤、筑波大のディフェンスを前に松蔭大はうまく攻めきれず、得点が止まり始めると、筑波大は#23渡邊、#32佐藤(由佳)の巧みな個人技により加点し再びリードを広げていく。終盤に入っても流れは変わらず、筑波大がリードを伸ばしていき、さらに試合終了間際、筑波大#10小林が3Pシュートを沈め、勝負あり。70-48と終始試合を優位に運んだ筑波大が勝利し、3つ目の白星を獲得した。

日高 遼子