試合区分:No.1866
開催期日:2019年9月8日
開始時間:11:00:00
開催場所: 専修大学生田キャンパス
主審:円谷 怜美
副審:伊佐 牧子

拓殖大学 70 18 -1P- 19
19 -2P- 12
12 -3P- 08
21 -4P- 28
-OT-
-OT-
67 筑波大学

拓殖大学

HC:佐藤 森王
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 別所 優香 2 0 1 1 3 0 0 1 2 0 2 0 0 0 0 13:09
5 生田目 汐織 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0:55
10 村瀬 久美 2 0 0 1 2 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 16:03
12 浜井 彩 2 0 0 1 3 0 0 1 1 4 5 0 1 1 1 13:30
14 吉田 舞衣 10 2 6 1 4 2 3 0 1 5 6 1 1 0 3 35:22
15 佐古 愛 6 1 1 1 4 1 2 1 0 2 2 1 1 0 3 34:07
18 小関 梨帆 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4:58
23 バイ クンバディヤサン 37 0 0 15 21 7 11 1 1 11 12 3 0 1 4 34:09
27 児玉 志織 DNP
29 長岡 侑里 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 9:17
33 古野 実希 DNP
36 小笠原 美奈 11 0 3 4 7 3 3 4 3 6 9 1 0 0 2 35:01
53 藤原 遥香 DNP
58 篠原 愛佳 DNP
88 游 乙文 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3:29
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4 0 0 0 1 00:00
合計 70 3 12 24 46 13 19 10 10 32 42 7 3 2 17 200:00

筑波大学

HC:柏倉 秀徳
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 松居 祐花 DNP
2 池田 沙紀 8 1 7 2 8 1 2 4 1 4 5 4 3 0 0 24:14
5 嘉数 唯 2 0 2 1 1 0 0 1 0 2 2 0 0 0 0 14:23
8 中村 まこ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:22
10 林 未紗 6 2 6 0 2 0 3 2 0 1 1 0 0 0 1 21:26
19 鈴木 侑 3 0 1 1 5 1 1 3 2 1 3 0 3 0 1 22:47
20 矢田 真悠 3 1 1 0 0 0 0 1 0 1 1 0 1 0 0 9:13
21 樺島 ほたる 8 2 5 1 3 0 0 2 2 3 5 1 0 1 1 30:31
23 渡邊 悠 DNP
24 佐々木 芽衣 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 1:19
31 夏井 麻朱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:37
32 佐藤 由佳 10 0 3 3 7 4 6 2 4 2 6 0 0 0 2 26:00
43 澤田 佳奈 DNP
45 佐藤 由璃果 23 0 3 10 14 3 4 2 3 8 11 0 0 3 1 33:09
72 出原 菜月 4 0 0 2 3 0 0 3 1 0 1 1 0 0 3 12:58
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2 5 0 0 0 1 00:00
合計 67 6 28 20 43 9 16 21 16 25 41 6 7 4 10 200:00

GAME REPORT

前回大会4位の拓殖大学と前回大会6位の筑波大学との一戦。序盤、拓殖大#23クンバがインサイドプレーで得点すると筑波大は#45佐藤(由璃)がドライブで対抗し拮抗した展開に。18-19と筑波大リードで第1クォーターを終える。第2クォーター、筑波大#45佐藤(由璃)が連続得点を挙げるも、拓殖大#23クンバの高さを生かした攻撃を守ることができず37-31で拓殖大が逆転し前半を終える。第3クォーター、拓殖大は#23クンバを筑波大は#45佐藤(由璃)中心に得点し49-39と拓殖大リードのまま終える。10点差で迎えた最終クォーター、筑波大はディフェンスから流れを掴むと拓殖大に1点差まで追いつく。しかし、終了間際、拓殖大#14吉田がバスケットカウントの3Pシュートを決め、勝負あり。勝負強さを見せた拓殖大が70-67で勝利。リーグ戦2つ目の白星を獲得した。


 第1クォーター、開始早々、拓殖大は#23クンバのシュートや#14吉田の3Pシュートが決まり、スタートダッシュに成功する。筑波大は#10林が3Pシュートで対抗するも拓殖大#23クンバがインサイドで活躍し6点のリードを得る。残り3分、筑波大は#45佐藤(由璃)のドライブで得点すると、連続得点を挙げ、18-19と筑波大がわずかにリードし第1クォーターを終える。


 第2クォーター、筑波大#20矢田が3Pシュートを決めると#45佐藤(由璃)もジャンパーを沈めリードを広げる。中盤、9点のビハインドを追う拓殖大は#23クンバの高さを生かしたプレーから得点を重ね1点差まで縮めると#36小笠原の3Pシュートで逆転に成功する。対する筑波大は#45佐藤(由璃)が巧みなステップから得点するも、拓殖大#23クンバの高さに対抗できず37-31で拓殖大がリードし前半を終える。


 第3クォーター、拓殖大#23クンバがゴール下で得点し8点差をつける。筑波大は#32佐藤(由佳)がシュートを決めるが、拓殖大#15佐古、#23クンバも決め返しリードを二桁に。終盤、拓殖大#23クンバがインサイドで得点すると、筑波大#45佐藤(由璃)も得点し、点差は変わらず、39-49と拓殖大が2桁リードを獲得し、勝負は最終クォーターへ。


 第4クォーター、序盤、筑波大は#32佐藤(由佳)が果敢にゴールにアタックしフリースローで得点する。しかし、拓殖大も#15佐古が3Pシュートを沈め、簡単には流れを譲らない。中盤、筑波大はプレッシャーディフェンスで拓殖大のミスを誘うと、#2池田がスティールから得点し、さらに#21樺島の3Pシュートで1点差まで詰め寄る。しかし残り20秒、拓殖大#14吉田がバスケットカウントで3Pシュートを沈め、勝負あり。筑波大#21樺島ブザービーターを決めるもわずかに及ばず70-67で拓殖大が接戦を制した。


北原 明日香