試合区分:No.1869
開催期日:2019年9月8日
開始時間:16:00:00
開催場所: 専修大学生田キャンパス
主審:佐藤 麻衣子
副審:五十嵐 菜美

早稲田大学 106 39 -1P- 22
21 -2P- 14
19 -3P- 26
27 -4P- 04
-OT-
-OT-
66 松蔭大学

早稲田大学

HC:大西 真由
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 安藤 友里恵 DNP
5 細貝 野乃花 17 3 6 4 8 0 0 0 2 1 3 0 1 0 0 25:57
6 栗田 有子 DNP
7 大原 咲織 18 0 1 8 15 2 3 4 5 6 11 0 1 0 2 31:47
11 神山 夢来 2 0 0 1 6 0 0 5 2 0 2 1 0 0 0 10:51
12 石井 香帆 2 0 0 1 2 0 0 1 1 1 2 2 0 0 0 5:52
17 河村 くるみ DNP
18 桂 蘭 DNP
20 岩田 千夏子 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:24
23 澁谷 咲月 7 1 3 2 5 0 0 2 0 4 4 0 0 1 0 31:09
25 中村 美羽 9 1 1 3 8 0 0 0 1 5 6 0 0 0 0 22:21
26 船生 晴香 35 2 4 14 14 1 2 3 2 3 5 4 4 0 2 35:11
34 今井 美沙樹 DNP
35 境 美潮 DNP
37 内山 未悠 16 0 0 7 15 2 3 2 5 7 12 5 1 0 4 35:28
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 7 0 0 0 0 00:00
合計 106 7 15 40 73 5 8 17 20 32 52 12 7 1 8 200:00

松蔭大学

HC:小林 夕紀恵
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 梅林 由佳 16 3 6 3 9 1 1 2 3 5 8 0 0 1 1 35:02
5 奥 伊吹 8 0 7 4 6 0 0 2 1 3 4 0 1 2 1 33:14
6 熊谷 日毬 8 0 1 1 3 6 6 0 1 0 1 1 0 0 3 11:14
7 安彦 かすみ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 7:05
8 野本 陽香 2 0 0 1 2 0 0 0 2 3 5 0 0 0 3 13:03
9 大畠 澄 3 0 0 0 0 3 6 1 0 4 4 0 0 0 1 6:23
10 関﨑 南 DNP
11 伊藤 かれん 7 1 4 2 7 0 0 0 0 3 3 2 1 1 4 33:57
12 佐々木 亜美 DNP
13 高林 奈々 16 4 11 2 4 0 0 0 2 0 2 0 1 0 2 27:31
14 西江 瑠加也ワリペ 6 0 1 3 4 0 1 4 0 1 1 4 4 0 3 29:56
15 古久保 優希菜 DNP
16 金野 天音 DNP
17 髙橋 玲那 DNP
18 菅 妃菜里 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:35
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 0 0 0 0 00:00
合計 66 8 31 16 35 10 14 9 11 20 31 7 7 4 18 200:00

GAME REPORT

前回大会1位の早稲田大学と、7位の松蔭大学の第1戦。第1クォーター、終始、ハイテンポな展開が続くが、どこからでも得点できる早稲田大が一気に点差を広げ、39-22で第1クォーターを終える。第2クォーター、松蔭大が果敢にゴールにアタックし追いかけるも、早稲田大は全く攻撃の手を緩めず、60-36で試合を折り返す。第3クォーター、松蔭大の反撃が始まる。全員でゴールにアタックし、確実に点差を縮める。早稲田大も#26船生がドライブでゴールにアタックし、79-62でリードを保ったまま最終クォーターを迎える。第4クォーター、早稲田大のペースで試合が進む。松蔭大も最後まで粘るが、早稲田大は、動じず、106-66で勝利を収めた。


 第1クォーター、序盤からエンジン全開の早稲田大。早くも#23澁谷、#7大原、#26船生、#37内山、#5細貝とコートの5人全員が得点をする。対する松蔭大も必死に攻め、#4梅林のジャンプシュートや3Pシュート、#5奥の力強いポストプレーで得点するが、点差はさらに広がる。そのまま早稲田大の勢いは止まらず、39-22と早稲田大17点のリードで第1クォーターを終える。


 第2クォーター、変わらずハイテンポな展開で始まる。松蔭大は#4梅林を中心に早稲田大を追いかけるが、それを上回るペースで早稲田大は得点を重ねる。後半、松蔭大#13高林が連続得点で反撃に出る。終盤、お互い点の入らない苦しい時間帯となるも、前半で点差を広げた早稲田大が60-36と24点のリードで第2クォーターを終える。


 第3クォーター、序盤、松蔭大#13高林の3Pシュートから松蔭大の猛追が始まる。#14西江のスティールから#5奥のジャンプシュート、#11伊藤の3Pシュートと点差を縮める。対する早稲田大はシュートを打つが決められず、苦しい時間となる。後半になっても松蔭大の勢いは止まらず、79-62で第3クォーターを終える。


 第4クォーター、今度は打って変わって早稲田大のペースで始まる。開始早々、#37内山、#26船生のジャンプシュートで得点し、リードを20点に戻す。松蔭大もこれ以上離されまいと体を張って攻めるが、得点は止まってしまう。松蔭大は最後まで全員で攻めるも、試合を通して高い得点力を発揮し続けた早稲田大が106-66で快勝し、3つめの白星を挙げた。

髙橋 七萌