試合区分:No.1874
開催期日:2019年9月14日
開始時間:10:00:00
開催場所: 筑波大学筑波キャンパス
主審:石鍋 光智代
副審:上杉 侑里子

拓殖大学 115 26 -1P- 25
28 -2P- 14
32 -3P- 25
29 -4P- 20
-OT-
-OT-
84 松蔭大学

拓殖大学

HC:佐藤 森王
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 別所 優香 3 1 2 0 0 0 0 1 0 2 2 1 0 1 1 13:47
5 生田目 汐織 11 0 0 5 8 1 1 4 0 2 2 1 0 1 0 21:43
10 村瀬 久美 3 1 1 0 1 0 0 0 0 2 2 1 0 0 2 9:42
12 浜井 彩 10 0 2 5 7 0 0 0 2 3 5 1 1 0 1 23:54
14 吉田 舞衣 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 2 1 2 11:29
15 佐古 愛 5 1 1 1 2 0 0 4 0 0 0 3 0 0 1 18:17
18 小関 梨帆 9 1 1 3 5 0 0 2 0 0 0 1 1 1 0 9:45
23 バイ クンバディヤサン 33 0 0 15 23 3 3 0 3 5 8 2 1 1 1 24:36
27 児玉 志織 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1:20
29 長岡 侑里 18 1 1 7 8 1 1 1 2 5 7 0 0 0 1 14:04
32 高橋 美玖 2 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:20
33 古野 実希 3 1 3 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 6:24
36 小笠原 美奈 12 0 0 6 8 0 0 0 0 5 5 3 0 0 0 24:36
58 篠原 愛佳 2 0 0 1 2 0 0 0 2 0 2 1 0 0 0 4:59
88 游 乙文 4 0 0 2 6 0 0 0 2 6 8 1 3 0 2 14:04
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 4 0 0 0 0 00:00
合計 115 6 12 46 73 5 5 13 12 35 47 15 8 5 11 200:00

松蔭大学

HC:小林 夕紀恵
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 梅林 由佳 20 4 7 3 8 2 2 3 1 5 6 1 3 0 2 33:23
5 奥 伊吹 12 4 7 0 4 0 0 3 1 5 6 2 2 0 0 31:55
6 熊谷 日毬 9 0 1 2 5 5 5 1 0 2 2 1 0 1 4 13:50
7 安彦 かすみ 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 1 8:00
8 野本 陽香 10 1 3 3 4 1 1 3 1 2 3 0 0 0 1 15:30
9 大畠 澄 2 0 0 1 3 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 8:05
10 関﨑 南 DNP
11 伊藤 かれん 12 0 4 4 12 4 4 1 3 1 4 1 0 0 0 32:00
12 佐々木 亜美 DNP
13 高林 奈々 13 3 8 2 3 0 0 0 1 1 2 3 2 0 0 26:38
14 西江 瑠加也ワリペ 6 1 1 1 7 1 3 0 1 2 3 0 0 0 4 26:10
15 古久保 優希菜 DNP
16 金野 天音 DNP
17 髙橋 玲那 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4:29
18 佐藤 明日夏 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2 5 0 0 0 1 00:00
合計 84 13 33 16 46 13 15 12 11 20 31 8 8 2 13 200:00

GAME REPORT

現在3勝1敗の拓殖大学と4敗の松蔭大学による一戦。第1クォーターは一進一退の攻防が続き、26-25とハイスコアな展開で拓殖大がわずかにリードする。第2クォーター、序盤は拮抗した状態が続くが、拓殖大#23クンバの連続得点を皮切りに、拓殖大が一気に攻め込み54-39とリードを広げていく。第3クォーター、序盤は松蔭大が反撃の意を見せ6点差まで詰め寄る。しかし中盤に入り#23クンバの活躍で流れを引き戻した拓殖大が破竹の勢いで攻撃を続けると、86-64。リードを広げ最終クォーターへ。第4クォーター、攻撃がかみ合わず勢いが収束する松蔭大に対し、拓殖大は出場メンバー全員が積極的にアタックし続け、勢いを止めない。#23クンバを中心に勢いに乗り、全員で戦い抜いた拓殖大が115-84で勝利し、白星を増やした。


 第1クォーター、序盤、拓殖大は#23クンバ、#36小笠原を中心にインサイドで得点を重ねていく。一方の松蔭大は#5奥の3Pシュートや#13高林、#11伊藤のドライブで応戦し、拮抗した状態が続く。中盤に入っても流れは変わらず、拓殖大は#15佐古、#12浜井が、松蔭大は#4梅林、#5奥が着実に加点しハイスコアな試合展開となる。終盤も両チーム決められては決め返す攻撃中心の展開が続くと、26-25。拓殖大が1点リードし第2クォーターへ。


 第2クォーター、前半、第1クォーターと変わらず拮抗した状態が続くなか、拓殖大は#23クンバがゴール下で高さを発揮し奮闘。対する松蔭大はスピードを活かしたカッティングからずれを作ると#11伊藤、#6熊谷らが得点を重ねる。後半に入り拓殖大#23クンバの攻撃が止まらず少しずつ点差が離れていく。拓殖大の的を絞ったディフェンスを前に攻撃を阻まれる松蔭大に対し、#23クンバの連続得点で勢いに乗った拓殖大は#5生田目、#12浜井、#18小関、#29長岡が次々と得点し54-39。拓殖大が大幅にリードを広げ後半へ。


 第3クォーター、前半、松蔭大は点差を詰めようと運動量を増やし積極的にアタックすると、#4梅林、#13高林、#14西江が得点を伸ばし一気に6点差まで縮める。後半、拓殖大が再び#23クンバの活躍で流れを引き戻すも、松蔭大は#14西江、#8野本の3Pシュートで粘りを見せる。しかし拓殖大の猛攻は抑えることができず、#29長岡、#18小関らが次々に加点すると86-64。このピリオドで32点を獲得した拓殖大が再びリードを広げ最終クォーターへ。


 第4クォーター、前半、20点差を追いかける松蔭大は積極的に3Pシュートを狙い、#4梅林、#13高林が得点する。一方の拓殖大は#88游、#33古野らリザーブメンバーが躍動し流れを譲らない。後半、攻撃がかみ合わずシュートまで行けない松蔭大に対し拓殖大は#88游、#29長岡らが加点を続ける。拓殖大は最後までリングにアタックし続けると、#58篠原、#32高橋がドライブから得点をもぎ取り、115-84。松蔭大に勝利し4つ目の白星を獲得した。

日高 遼子