試合区分:No.1893
開催期日:2019年10月14日
開始時間:15:00:00
開催場所: 筑波大学筑波キャンパス
主審:上杉 侑里子
副審:赤羽 沙耶

早稲田大学 65 19 -1P- 21
12 -2P- 26
14 -3P- 21
20 -4P- 25
-OT-
-OT-
93 拓殖大学

早稲田大学

HC:大西 真由
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 安藤 友里恵 DNP
5 細貝 野乃花 21 5 17 2 7 2 2 3 2 3 5 0 0 1 2 36:20
6 栗田 有子 DNP
7 大原 咲織 DNP
11 神山 夢来 6 0 3 3 7 0 0 2 1 1 2 0 1 0 0 24:55
12 石井 香帆 DNP
17 河村 くるみ DNP
20 岩田 千夏子 DNP
23 澁谷 咲月 0 0 2 0 6 0 0 0 5 1 6 1 0 0 0 17:53
25 中村 美羽 4 0 1 2 7 0 0 4 4 5 9 0 0 0 1 17:19
26 船生 晴香 7 0 3 3 9 1 2 3 2 1 3 1 1 1 3 25:15
33 中田 珠未 11 0 2 5 10 1 2 3 4 4 8 1 3 1 3 32:40
34 今井 美沙樹 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 9:38
35 境 美潮 DNP
37 内山 未悠 16 2 3 5 8 0 0 2 2 3 5 1 0 0 5 35:59
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 5 9 0 0 0 0 00:00
合計 65 7 33 20 55 4 6 17 24 23 47 4 6 3 14 200:00

拓殖大学

HC:佐藤 森王
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 別所 優香 2 0 1 1 3 0 0 2 0 2 2 3 0 0 0 19:11
5 生田目 汐織 2 0 0 1 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 9:14
12 浜井 彩 6 0 0 3 9 0 0 1 2 2 4 1 1 1 1 22:04
14 吉田 舞衣 12 2 4 2 7 2 5 1 0 8 8 2 0 0 0 27:00
15 佐古 愛 7 1 2 2 2 0 0 1 0 1 1 0 0 1 0 15:41
18 小関 梨帆 4 1 1 0 1 1 2 0 1 0 1 1 0 0 1 15:28
23 バイ クンバディヤサン 32 0 0 13 19 6 8 0 5 6 11 1 0 0 2 28:59
27 児玉 志織 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 0 0 1:36
29 長岡 侑里 12 0 1 5 6 2 2 1 3 3 6 1 0 1 1 9:45
32 高橋 美玖 2 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:36
33 古野 実希 6 0 0 3 5 0 0 1 2 0 2 1 0 0 1 8:09
36 小笠原 美奈 6 0 2 3 8 0 0 1 2 9 11 4 0 0 3 28:39
53 藤原 遥香 2 0 0 1 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1:36
58 篠原 愛佳 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1:36
88 游 乙文 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 9:25
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 7 0 0 0 1 00:00
合計 93 4 11 35 67 11 17 8 17 38 55 15 2 3 16 200:00

GAME REPORT

ここまで互いに 7 勝1敗の、早稲田大学と拓殖大学の1戦。第 1 クォーター、前半は互いに譲らない展開となるものの、後半になり#23 クンバのバスケットカウントが決まると、#12 浜井、#29 長岡らも得点を重ね、そのまま流れをつかむ拓殖大。第 2 クォーター、なかなかシュートの入らない早稲田大に対し、#14 吉田、#36 小笠原らが内からも外からも得点を重ねた拓殖大は、16 点をリードし第 3 クォーターへ。第 3 クォーター、拓殖大は終始安定したシュート力をみせる。終盤には#29 長岡が連続得点を決め、さらに点差を広げた拓殖大は、23 点リードで最終クォーターを迎える。第 4 クォーター、拓殖大#23 クンバは、リバウンドやゴール下シュートなど、攻守にわたって活躍をみせる。最後まで#5 細貝の 3P シュートなどで追い上げようとする早稲田大だったが、終始リードを保った拓殖大追いつくことはできず、93‐65 で試合終了。拓殖大が 8 勝目をあげる結果となった。


 第 1 クォーター、序盤からファウルがかさむ早稲田大に対して、#23 クンバ、#14 吉田のシュートが立て続けに決まった拓殖大が、流れをつかむ展開に。しかし、対する早稲田大も#33 中田のスティールから#37 内山が 3P シュートを決めるなど、互いに譲らない展開となる。その後は#23 クンバのバスケットカウント、#12 浜井のジャンプシュートなどが決まった拓殖大。19‐21、わずかにリードし第 2 クォーターへ。


 第 2 クォーター、拓殖大は序盤から#15 佐古、#14 吉田の 3P シュートで差を広げる。オーバーファウルで相手にフリースローを与えてしまう早稲田大に対し、#36 小笠原、#14吉田を中心に、様々な選手が確実にシュートを決める拓殖大。終盤、#5 細貝の 3P シュートなどで追い上げをみせたい早稲田大だったが、点差は広がり、31‐47、拓殖大の 16 点リードで後半へ。


 第 3 クォーター、開始早々、#14 吉田が 3P シュートを沈め、#23 クンバがバスケットカウントを決めるなど、拓殖大ペースとなる。一方の早稲田大は、#33 中田がリバウンドに飛び込み全員で積極的にシュートを狙っていくものの、なかなか得点につなげることが出来ない。終盤には#23 澁谷がルーズボールに飛び込みそのまま#26 船生がシュートを決めるなど粘りのプレイを見せた早稲田大だったが、点差は縮まらず、45‐68、拓殖大の 23 点リードで最終クォーターへ。


 第 4 クォーター、早稲田大は#33 中田を中心にオフェンスリバウンドに飛び込み得点につなげる。流れを掴みたい早稲田大は、終盤、早稲田大#5 細貝が得意の 3P シュートで加点するものの、対する拓殖大もすぐさま#18 小関が 3P シュートを決め返すなど、なかなか差を縮めることはできない。最後までゴールにアタックし続け粘りをみせた早稲田大だったが、離された差を詰めることはできず、93‐65 で試合終了。拓殖大が 8 つ目の白星を獲得する結果となった。

松本 佳林