試合区分:No.1912
開催期日:2019年10月27日
開始時間:11:00:00
開催場所: 拓殖大学八王子国際校舎
主審:本間 さとみ
副審:佐藤 麻衣子

拓殖大学 47 13 -1P- 31
12 -2P- 26
08 -3P- 28
14 -4P- 17
-OT-
-OT-
102 東京医療保健大学

拓殖大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 別所 優香 12 0 1 6 8 0 1 1 2 1 3 0 0 0 5 28:10
5 生田目 汐織 2 0 0 1 1 0 0 1 0 2 2 0 0 0 4 15:18
12 浜井 彩 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 2 1 1 0 1 15:45
14 吉田 舞衣 11 1 6 4 8 0 0 2 1 3 4 0 2 0 3 29:23
15 佐古 愛 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 1 0 0 0 0 7:03
18 小関 梨帆 2 0 2 1 2 0 0 4 1 3 4 1 0 0 2 17:39
23 バイ クンバディヤサン 12 0 0 4 18 4 5 2 3 3 6 0 0 3 5 29:41
27 児玉 志織 DNP
29 長岡 侑里 4 0 0 1 5 2 2 2 0 1 1 0 0 1 3 13:52
32 高橋 美玖 DNP
33 古野 実希 0 0 2 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 6:42
36 小笠原 美奈 4 0 2 2 5 0 0 2 2 3 5 0 1 0 4 32:07
53 藤原 遥香 DNP
58 篠原 愛佳 DNP
88 游 乙文 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4:20
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 3 8 0 0 0 0 00:00
合計 47 1 13 19 52 6 8 17 14 22 36 2 4 4 27 200:00

東京医療保健大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 赤木 里帆 11 0 1 4 4 3 4 0 0 2 2 4 0 0 4 24:22
3 崎原 成美 10 0 2 4 5 2 2 0 5 1 6 0 1 0 0 17:50
5 パレイ ノリコ 4 0 0 2 3 0 0 2 0 2 2 0 0 0 1 15:44
8 ジョシュア ンフォノボテミトペ 15 0 0 7 13 1 1 2 4 2 6 0 2 0 1 17:21
11 三好 青花 0 0 2 0 2 0 0 0 1 1 2 0 0 0 1 15:25
12 木村 亜美 19 5 7 2 4 0 0 1 1 5 6 1 1 0 1 20:30
13 平末 明日香 16 2 3 2 7 6 7 0 0 2 2 5 1 0 0 19:18
14 岡田 英里 3 1 5 0 2 0 0 0 0 2 2 1 1 0 3 20:36
15 篠原 彩音 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1:48
16 髙野 柚希 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:04
18 藤本 愛妃 14 0 0 7 10 0 0 0 3 4 7 0 0 0 1 15:15
21 加治屋 千遥 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 2:51
25 伊森 可琳 1 0 2 0 0 1 2 2 0 2 2 2 1 0 1 9:11
32 永田 萌絵 6 0 1 3 5 0 0 1 1 2 3 3 1 1 0 14:57
51 田川 玲 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:48
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 7 0 0 0 0 00:00
合計 102 9 24 31 56 13 16 10 17 31 48 16 8 1 14 200:00

GAME REPORT

この試合に勝利し、医療保健大泥をつけたい拓殖大とこのまま全勝で終えたい医療保健大のリーグ最終戦。第1クォーター、拓殖大は流れに乗った医療保健大を止めることが出来ず、13-31。18点と引き離され第1クォーターを終える。第2クォーター、拓殖大は医療保健大の強気のオフェンスに引っ張られ、差は広がり25-57で第2クォーターを終える。第3クォーター、医療保健大が破竹の勢いで駆け抜け拓殖大の得点を許さない。流れは変わらず33-85と医療保健大のリードで第3クォーターを終える。第4クォーター、拓殖大は勢いを止められず、圧倒的な力を見せつけた医療保健大が47-102で勝利。リーグ戦全勝という結果となった。

第1クォーター、序盤、ジャンプボールを繋げることが出来ず医療保健大がシュートを落とす。しかし医療保健大#32永田がシュートを決めたことを皮切りに#8テミトペが巧みなプレーで相手のファールを誘う。中盤、拓殖大#23クンバがバスケットカウントを決めるも流れは変わらず、医療保健大#12木村の3Pシュートや#13平末のミドルシュートで一気に差を開く。終盤、拓殖大は医療保健大#8テミトペのリバウンドシュートや、素早いパス回しを止めることが出来ず点差を大きく広げ、13-31で第1クォーターを終える。

第2クォーター、序盤、医療保健大#13平末がジャンパーを試みるも拓殖大#23クンバが圧倒的な身長で叩き落す。対する医療保健大は強いシュートブロックで拓殖大の得点を許さない。中盤、焦る拓殖大はシューティングファールを連発し、医療保健大#2赤木などが着実に得点をものにする。終盤、#13平末や#8テミトペを中心に勢いの止まらない医療保健大は、バスケットカウントや3Pシュートなど次々とシュートを沈める。残り5秒での医療保健大のバックコートからのスローイン。医療保健大#2赤木は強気のドライブでディフェンスを抜いていきミドルシュートをもぎ取り25-57。差はさらに広がり第2クォーターを終える。

第3クォーター、序盤、医療保健大#13平末がフリースローを含む9点を連取する。中盤、医療保健大#12木村が3Pシュートを連続で沈めるなど、3分で12点を決めるなど破竹の勢いで得点を連取し駆け抜ける医療保健大。終盤、医療保健大がシュートブロックでスティールを重ね、シュートに繋げ得点を伸ばしていく。4分間拓殖大の得点を0点に抑えた医療保健大だが、その後、20秒間という短時間で拓殖大#4別所が3Pシュートやミドルシュートを沈める。しかし医療保健大#14岡田も3Pシュートを沈め、33-85と医療保健大のリードは変わらず第3クォーターを終える。

第4クォーター、序盤、拓殖大はねばり強いリバウンドから#4別所がセカンドシュートを沈める。拓殖大は熱いディフェンスで医療保健大を抑えるが依然流れは変わらない。中盤、医療保健大はクイックパスや素早いボールさばきで拓殖大を翻弄する。拓殖大#14吉田はジャンパーやミドルシュートで得点を伸ばすが、医療保健大#16髙野や#12木村が負けじと3Pシュートを沈める。終盤、医療保健大はファールを連発するが、拓殖大は得点に繋げることが出来ずに差は開く。その後、拓殖大#4別所がシュートを連取するが医療保健大を止められず、終始リードを守り、圧倒的な力を見せつけた医療保健大が全勝という結果となった。


内尾 菜々子