試合区分:No.3098
開催期日:2022年6月5日
開始時間:15:00:00
開催場所: 白鴎大学本キャンパス
主審:竹澤 友美
副審:穂川 苑子,山本 渚

順天堂大学 62 18 -1P- 23
11 -2P- 22
25 -3P- 28
08 -4P- 27
-OT-
-OT-
100 拓殖大学

順天堂大学

HC:相澤 義政
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 関口 もえ 14 2 5 4 5 0 0 3 2 6 8 2 1 1 2 31:16
1 今野 光莉 2 0 1 1 4 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 16:23
2 花岡 莉 6 0 2 1 3 4 4 3 0 1 1 1 1 1 0 27:07
3 新井 和佳奈 3 0 0 1 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2 6:29
12 西郷 碧 DNP
13 佐藤 都和 DNP
17 菊地 ひかり 1 0 1 0 3 1 2 0 1 1 2 1 0 0 0 7:46
18 三戸部 夏依 6 0 0 2 8 2 2 3 0 0 0 2 1 0 2 26:15
22 河津 真由 2 0 0 0 0 2 4 0 1 1 2 0 0 0 0 7:59
27 垣花 明里 6 0 0 2 3 2 2 0 0 6 6 0 0 0 2 16:11
30 小島 れん 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:54
31 佐藤 杏音 8 2 6 1 4 0 0 3 0 3 3 0 0 0 1 22:01
66 髙橋 希羽 0 0 1 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 3:09
73 笹原 ひより 11 1 1 4 10 0 0 3 0 0 0 0 0 0 1 18:15
81 永田 美月 3 1 2 0 3 0 0 1 0 1 1 1 1 0 0 15:14
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3 5 0 0 0 1 00:00
合計 62 6 19 16 45 12 15 17 6 23 29 7 5 2 13 200:00

拓殖大学

HC:佐藤 森王
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 鈴木 栞奈 12 2 2 2 3 2 4 1 1 0 1 1 1 0 0 12:09
4 福田 綾 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 1 0 1 3:18
6 長尾 クリスチィーン 4 0 3 1 5 2 2 0 1 1 2 0 0 0 1 7:55
11 木村 真唯 8 0 0 4 7 0 0 2 0 5 5 3 0 2 1 22:05
13 黒川 菜津奈 3 1 4 0 0 0 0 1 0 2 2 1 0 0 0 11:32
14 カマラ アセトゥ 2 0 0 0 0 2 4 0 1 4 5 0 2 0 0 7:41
16 田中 ナターシャ絵里 6 0 0 3 5 0 0 1 1 0 1 0 1 1 1 7:27
17 佐藤 恋々 14 0 0 7 8 0 0 0 0 2 2 0 3 0 0 22:15
19 吉田 眞子 13 3 9 2 7 0 0 1 1 0 1 0 1 0 1 21:01
23 池田 優 6 0 3 3 4 0 0 1 1 5 6 2 2 1 1 21:46
24 西 真成美 0 0 2 0 4 0 0 0 2 1 3 1 1 0 0 7:27
31 堂脇 さち 9 0 2 4 5 1 1 2 1 0 1 0 0 0 0 8:09
34 北原 知佳 5 0 0 2 4 1 1 2 3 2 5 0 0 0 1 7:17
36 木村 優希 5 0 1 2 4 1 2 3 2 3 5 0 1 0 0 14:56
55 ンウォコマーベラス アダクビクター 13 1 1 5 8 0 0 2 3 6 9 0 2 2 4 25:02
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 00:00
合計 100 7 27 35 64 9 14 16 18 32 50 8 15 6 11 200:00

GAME REPORT

順天堂大学と拓殖大学による一戦。序盤から勢いづく拓殖大は順天堂大にゴールチャンスを作らせず、中と外の両面で高い得点を叩き出す。順天堂大は1年生が多い中でフレッシュなプレイでゲームを展開し、格上を相手に後半まで粘り強く食らいつく。後半に入ると、順天堂大のペースが上がりリード獲得を匂わせるが、拓殖大が驕らずチームをセットし得点差20点以上をキープする。そのまま試合終了まで拓殖大がリードを保ったまま、危なげなく勝利を掴んだ。


第1クォーター、序盤、リードに向け好調なスタートを切る拓殖大。ファーストプレイで#17佐藤が隙を突くドライブで2連続得点。ゴール下では攻守ともに#55マーベラスが躍動し、オフェンスチャンスを量産する。対する順天堂大も、ボールを持つ時間は少ないものの果敢にゴールに攻め込み大量リードを許さない。終盤、順天堂大は#3新井のバスケットカウント、スティールから速攻を生むなど反撃に向かう。しかし序盤からゴール下を制する#55マーベラスにペースを奪われ18-23、第1クォーターは拓殖大リードで終了。


第2クォーター、序盤、依然ハイスピードにゲームを展開する拓殖大。勢いに呑まれまいと体制を整える順天堂大だが、要所で決めきれない時間が続きさらにリードを許してしまう。一方の拓殖大はペースを落とすことなく、#55マーベラスを軸とするプレイに加え、ディフェンスからランプレイを展開。終盤、順天堂大は得点が伸びない中でも#31佐藤(杏)が3Pシュート、加えて#73笹原が得点を重ねる。しかし拓殖大の勢いは止まることを知らず29-45、第2クォーターも拓殖大がリードを保ち後半へ。


第3クォーター、序盤、順天堂大#0関口が力強いボールプッシュからレイアップを得点。このまま勢いに乗りたいところだが、対する拓殖大が#19吉田の3Pシュートをはじめ、#55マーベラスのリバウンドが加わりリズムを作り上げる。順天堂大はボールへの執着心からガッツあるプレイで拓殖大を追い、根気から#31佐藤(杏)、#0関口、#73笹原が3Pシュートを連続獲得。終盤、順天堂大の猛攻が効き始めると拓殖大のミスを誘い、フリースローチャンスを量産。しかし得点に繋げることができず54-73 、拓殖大がペースを崩すことなく第3クォーター終了。


第4クォーター、序盤、ビハインドを背負う順天堂大はなかなかペースが上がらず、その間にも着々と得点を重ねる拓殖大を前に攻撃の手が止まる。拓殖大は高さのミスマッチを活かしつつ、素早いドライブで順天堂大のディフェンスをかき乱す。中盤、拓殖大#2鈴木、#14アセトゥのスティールが光りシュートチャンスを量産。終盤、メンバーを変えながらも戦いに挑む拓殖大は、そのまま流れを変えることなく62-100、順天堂大に大差をつけて勝利した。

小荒井 春菜