試合区分:No.3220
開催期日:2022年9月24日
開始時間:15:30:00
開催場所: 白鷗大学大行寺キャンパス Aコート
主審:太田 麻須美
副審:坂 美佑紀,竹園 碧

早稲田大学 66 25 -1P- 16
11 -2P- 22
17 -3P- 16
13 -4P- 18
-OT-
-OT-
72 筑波大学

早稲田大学

HC:大西 真由
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 フェスターガード ヤヤ 11 1 4 4 10 0 0 4 0 7 7 1 1 0 3 34:36
10 市浦 花 DNP
11 佐藤 実花 14 1 2 5 7 1 1 1 0 3 3 1 2 0 3 37:33
12 松﨑 玲那 DNP
14 望月 綾乃 DNP
15 利川 晴菜 DNP
18 桂 蘭 DNP
21 中山 桂 2 0 5 1 3 0 0 2 2 7 9 0 1 0 3 35:20
22 中野 雛菜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2:35
23 江村 優有 13 1 4 3 10 4 6 3 1 3 4 0 1 0 2 34:04
25 田端 夏海 DNP
32 江頭 璃梨 22 0 1 9 16 4 7 2 1 5 6 1 2 0 2 37:37
35 境 美潮 DNP
61 野呂田 遥花 DNP
88 川岸 柚 4 0 2 2 4 0 0 1 2 4 6 2 0 0 0 18:15
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 4 0 0 0 1 00:00
合計 66 3 18 24 50 9 14 13 7 32 39 5 7 0 16 200:00

筑波大学

HC:木葉 一総
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 山田 葵 4 1 4 0 7 1 2 1 0 5 5 5 2 0 2 38:28
2 池田 沙紀 4 0 2 2 6 0 0 0 0 1 1 4 1 0 0 27:39
8 関 遥花 DNP
9 荻田 美 DNP
13 田中 万衣羽 2 0 2 1 3 0 0 1 0 0 0 1 1 0 0 12:36
14 朝比奈 あずさ 21 0 0 10 15 1 1 3 2 2 4 0 0 2 2 22:58
17 古谷 早紀 2 0 0 0 0 2 2 1 1 0 1 0 0 0 0 3:28
18 水上 七菜美 DNP
19 鈴木 侑 3 1 1 0 1 0 0 1 0 2 2 0 1 0 4 16:26
21 八十川 ゆずゆ 6 0 1 2 3 2 2 0 1 3 4 2 2 0 2 25:06
27 柳瀬 柚奈 DNP
36 粟谷 真帆 10 1 1 3 7 1 2 3 2 7 9 0 0 0 1 20:34
52 増田 泉美 1 0 0 0 2 1 2 0 1 1 2 0 0 0 0 3:22
81 森岡 奈菜未 19 1 6 8 11 0 0 3 0 12 12 1 1 4 1 29:23
99 穴澤 冴 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3 5 0 0 0 0 00:00
合計 72 4 17 26 55 8 11 13 9 36 45 13 8 6 12 200:00

GAME REPORT

粘り強さと高いチーム力が魅力の早稲田大学と巧みなスピードあるバスケットをする筑波大学の一戦。両者上位リーグのために絶対に負けられない戦いとなるが、前半から一進一退の攻防が続く。先に流れを掴んだ早稲田大は#11佐藤、#23江村が得点しリードを広げる。しかし筑波大も#14朝比奈を筆頭に食らいつき逆転する。後半、筑波大#36粟谷の活躍で一時はリードを広げるも早稲田大#3ヤヤ、#32江頭らのシュートが決まり追い上げを見せる。最後まで早稲田大が粘り強さを見せたが72-66と波に乗る筑波大学が見事勝利した。


第1クォーター、筑波大#36粟谷の3Pシュートから幕開け。続けて#2池田がシュートを決める。対する早稲田大は#11佐藤のシュート、#23江村の3Pシュートを決め返す。続けて#32江頭、#23江村のシュートが決まり両者一歩も譲らない。筑波大は#14朝比奈のポストプレーを使って得点をしていく。早稲田大#3ヤヤ、#11佐藤の3Pシュートが決まり25-16とリードを広げて第1クォーター終了。


第2クォーター、#23江村がシュートを決め、流れは早稲田大。筑波大は#14朝比奈の2本連続シュートやブロックショットでなんとか流れを引き戻そうとする。しかし、筑波大の粘り強いディフェンスから#36粟谷のシュート、#0山田の3Pシュートが決まり逆転する。するとすぐ様に早稲田大#3ヤヤが3Pシュートを決める。両者シュートが中々決まらない中、流れを変える筑波大#19鈴木のシュートが決まり38-36と筑波大が2点リードで前半終了。


第3クォーター、早稲田大#11佐藤のアシストから#32江頭のシュートが決まり同点。しかし、筑波大#81森岡の3本連続シュートが決まりリードを広げる。更に#36粟谷のシュートで追い打ちをかけ、早稲田大がすかさずタイムアウト。タイムアウト明け、早稲田大#88川岸、#3ヤヤのシュートで畳み掛け、#32江頭の3本連続シュートが決まり一気に点差を縮める。その後も#32江頭のシュートが決まり、早稲田大が奮闘。54-53と第3クォーターを終える。


第4クォーター、早稲田大に追い上げられたものの速いパス回しから#14朝比奈のシュートで再び突き放す。しかし、早稲田大は粘り強くプレーし#21中山のシュートが決まり同点。終始激しい攻防が続くが、筑波大#21八十川がシュートを沈め、筑波大はリードを譲らない。早稲田大#23江村が最後にドライブを決め追い上げたが、72-66と筑波大が接戦を制し、白星を勝ち取った。

熊野 礼紫