ニュース

2021.09.06

第71回関東大学女子バスケットボールリーグ戦 大会概要発表

大会

 

来たる9月25日(土)〜11月7日(日)に渡り、ウイング・ハット春日部、エスフォルタアリーナ八王子、各大学体育館において「第71回関東大学女子バスケットボールリーグ戦」を開催致します。


今大会は、「第73回全日本大学バスケットボール選手権大会」に出場する12校とそのシード権をかけた戦いも兼ねています。


77校に及ぶ加盟校を1部から4部で構成し、各チームがリーグ方式により関東女子の頂点を競います。


つきましては、下記の通りお知らせ致します。




【第71回関東大学バスケットボールリーグ戦 大会概要】


▼主催


関東大学女子バスケットボール連盟



▼後援


三菱電機株式会社、東京新聞・東京中日スポーツ



▼期日


2021年9月25日(土)〜11月7日(日)毎週土・日曜日(予定)

但し、会場等の都合により開催期間が変更になる可能性がある。



▼大会会場


ウイング・ハット春日部、エスフォルタアリーナ八王子、各大学体育館 他



▼競技方法

<1・2部>

1回戦総当たりとする。


<3部>

1回戦総当たりの1次リーグを行う。

2次リーグは順位別リーグとする。

※尚、開幕日によっては2次リーグの試合方式を変更する可能性がある。


<4部>

1ブロック7または8校のブロックに分け、1回戦総当たりの1次リーグを行う。

2次リーグは各ブロックの1・2位でトーナメント戦を行い、優勝を決定する。

また、5〜8位決定戦を行う。

※尚、開幕日によっては2次リーグの試合方式を変更する可能性がある。


・全試合勝ち点方式とする。

勝者2点、敗者1点、棄権・没収は0点とする。

ただし、チームが大学当局からの大会参加を見合せるよう指示を受けている場合や、

チーム内に新型コロナウイルス感染陽性者がでるなどで保健所などから活動休止要請が出るなどのやむを得ない事情で大会参加ができなくなった場合の棄権については、不戦敗とした上、勝ち点1とし、対戦校には勝ち点2を付与する。



・開幕後に上記のような理由で試合を棄権するチームが同一ブロック内チームの30%を超えた場合、そのブロックは順位をつけない。



・入替戦について

本年度に限り、入替戦は行わない。

各ブロック上位チームを自動昇格とし、降格は行わない。昇格チーム数は以下の通りとする。

   2部A・2部B    2チーム

   3部・4部      4チーム



▼大会日程、順位決定等に関する変更が生じる場合

・大会が中止になる場合

1)政府より「県境を越える移動が制限される」「外出禁止」など大会続行不可能な措置が講じられた場合。


2)体育館の使用が認められず、日程が消化できない場合。


3)感染が拡大する、災害により交通機関の重大なトラブルが発生するなど、  参加者の安全が確保できないと判断する場合。


4)大会役員の中で陽性者が複数発生し、大会継続が困難になった場合。



・大会開幕前に中止になった場合、次年度2022年度は2019年度と同じ順位で行う。

 但し、休止校、脱退校が出た場合はこの限りではない。


   1巡目終了後に中止になった場合は1巡目の結果をもって順位を決定する。



大会の中止・継続・試合方式の変更は臨時理事会を招集して決定する。 



▼参加資格

関東大学女子バスケットボール連盟に所属するチームで、本連盟ならびに、各都県協会を 通じ「(公財)日本バスケットボール協会」へ登録完了し、当大会参加費を納入した者。

細則については、本連盟規約第8章「登録」、第9章「競技会及び競技資格」による。


▼その他の決定事項

・入場可能人数について

1)チームメンバー
   選手15名

   スタッフ7名(ベンチ入りメンバー22名)

   コンディショニングスタッフ2名

   ビデオスタッフ2名

   学連係2名

   TOFW4名

   合計最大 32 名とする。

   但し、会場に人数制限がある場合、選手・ベンチ入りメンバー以外はこの限りではない。


2)チームメンバー以外の関係者スペースがあり、動線が確保できる会場についてのみチームメンバー以外の関係者の来場を認める。

 原則、会場に人数制限があるなどの状況では来場を認めない。



<来場を認める場合>

1)各チーム 20 名まで認める


2)チームは来場者名簿を提出し、来場者の健康チェックシート記録保存等の管理はチームで行う。

 来場者は試合開始 10 分前までに来場し、手指消毒、体温測定を行い、マスク着用。

   決められた場所で観戦する。声援は禁止。

※チームメンバー以外の関係者の入場が制限される会場は事前に通達する。


3)スカウティングスタッフスペースがあり、会場の状況が許せば、以下のスカウティングスタッフの来場を認める。

❶1面につきビデオスタッフ2名(2面で行う場合は4名)
❷エントリーしている指導者



・チームに感染者、濃厚接触者が出た場合

1)チームは速やかに学連に報告すること。


2)学連は聞き取り、報告書を作成。感染対策チーム会議を招集し対応を協議し、JBA・本連盟ガイドラインに沿って対処する。


▼撮影活動

http://www.kanjyo.com/apply/detail/id/16


同じカテゴリのニュース

最新ニュース